バンコクのスマホとFB

バンコクに来て感じた事
-スマホの利用目的と利用場所-

微笑みの国バンコクに降り立ち、半年近くが経ちました。

このバンコクでビジネスをスタートする為に準備をして
日本から来ましたが、なぜかスケジュール通りに進まない。

渋滞、突然の雨、そしてタイの人々とのカルチャーギャップ。
私と同じ経験をされた方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

そんなバンコク初心者だからこそ、ビジネスに
おいて色々と感じる事が御座います。

まず最初に思ったのが、日本よりもスマホを
見ている方が格段に多い事に気づきます。

BTSのやバス停での待ち時間、乗車中もしかり
お店の店員やフットマッサージを受けているお客さんが
FACEBOOKを見たり、youtubeでの動画や音楽の再生
また最近ではポケモンGoで遊んでいる方も非常に多いです。
逆に企業のwebサイト等を閲覧している人はほとんど見かけません。

この分野に関しては、確実にネット環境・wifi環境も整っており、
日本より進んでおります。

またタイにおいてFACEBOOKは日本を超えるユーザー(3800万人)がおり、
FACEBOOK内の交流の頻度も他国に比べて格段に多い。

そんな環境のタイという国で、
ビジネスにFACEBOOK広告を始めとした
SNS広告を使わないのは、
最強の武器を使わないで戦う事を意味します。

現在バンコクでFACEBOOK広告を使用している日系企業は
かなり限られているのが現状です。

事業の大小問わすFACEBOOK内の広告は、
見て頂ける広告の大きさは同じです。

これは資金的に潤沢でない中小零細企業が
広告において大企業を凌ぐ事ができるチャンスに他なりません。

もちろんタイ在住の日本人や日本人旅行者にに向けて周知ができ、
目に見える効果がFB広告なら可能です。

 

プラスイーデザインなら日本人スタッフ常駐

電話応対
打ち合わせ
サポート
すべて日本人にて対応致します。

プラスイーデザイン,plus E design,代表者,社長,画像

弊社では1カ月5000バーツからFB広告を始めることが可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

お電話でのお問合せは
TEL

プラスイーデザイン,plusEdesign,タイ,バンコク,web,制作,facebook,ページ,広告,運用,代行,管理
062-875-8455
担当 澤村まで

Facebook広告タイバンコク